訪問看護をご存知ですか?

訪問看護とは、病気や障がいを持った人が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく療養生活を送れるように、看護師等が生活の場へ訪問し、看護ケアや自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。 病気や障がいがあり医療機器を使用しながらでも、住まいで最期まで暮らせるように多職種と連携しながら療養生活を支援します。

訪問看護は何をしてくれるの?

かかりつけの医師やケアマネジャーと連絡をとり、心身の状態に応じて以下のようなケアを行います。

  • 健康状態の観察と助言
  • 点滴や痰吸引・ストーマや褥創などの医療処置全般
  • 服薬管理
  • 療養環境改善のアドバイス
  • リハビリテーション
  • 介護者の相談
  • 社会資源活用の相談
  • 認知症の看護やリハビリ
  • 終末期の看護

訪問看護は誰が来てくれるの?

看護師免許を持つ看護師が訪問看護を行います。また、理学療法士、作業療法士、が必要に応じて訪問しています。保険・医療現場での十分な看護の経験・知識・技術をもつ専門家が担当しています。

▶訪問看護を利用できる人は?